食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 事件 > チキンナゲットの異物  青森と東京で原因は別か?

チキンナゲットの異物  青森と東京で原因は別か?


■ チキンナゲットに異物  青森と東京で原因は別か


2015年1月3日、青森県三沢市のマクドナルド三沢店で販売したチキンナゲット1個の中に異物が混入していたことが明らかになった。
異物混入があったチキンナゲットは3日夜に販売。
購入した客が、複数のナゲットのうちの1個を口にしたところ、中に長さ数センチのビニールのようなものが入っており、同日中に店に申し出た。

店側は男性に謝罪し、代金を返金。
1月4日に、混入の経緯を調べるため、混入物やナゲットを本社に送ったという。

これより前の2014年12月31日、東京都江東区の店舗でもナゲットを食べた客から、「透明から乳白色の、5ミリくらいのビニールのようなものがあった」と、現物とともに苦情があったことがわかった。
苦情を受けた店員は店長に報告せず、さらに現物を預かったにも関わらず、誤って紛失してしまっていたという。
三沢の報道を受け、再度同じ客から申し出があって、こちらの件は発覚したという。

同社によると国内で販売しているナゲットは、タイの複数の加工工場で鶏肉を一次加工したものを本社を通じて各店が仕入れ、店舗で揚げる調理をして提供している。
両店で販売したナゲットは同じタイの工場でつくったものだったが、製造日は違い、混入したとされる異物も異なるという。

原因が別だとしたら、事態はさらに深刻である。
マクドナルドでは、第三者機関に原因調査を依頼したという。

東奥日報社2015年1月5日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150105-05092439-webtoo-l02
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/06 15:28 ] 事件 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon