食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 事件 > 展示会の洗濯機破壊 LG社長が犯人なのか?  ドイツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

展示会の洗濯機破壊 LG社長が犯人なのか?  ドイツ

ドイツ

■ 展示会の洗濯機破壊 LG社長が犯人なのか?  ドイツ



韓国聯合ニュースによると、サムスン電子が、ドイツの家電量販店でLG電子の社長らに自社製の洗濯機を壊されたと訴えたという。
これを受け、2014年12月26日、韓国検察が、ソウルのLG電子本社を捜索する事態となっているという。

この問題を巡っては、LG側もサムスンを名誉毀損(きそん)などの容疑で告訴しており、韓国の2大電機メーカーのバトルが展開されている。


問題は、ドイツで2014年9月に発生した。
家電見本市が開かれていたベルリンの家電量販店で、サムスン製のドラム型洗濯機のドアの一部が壊れた状態で見つかったのである。

サムスン側では、防犯カメラ映像などを確認。
LG電子の趙成珍(チョソンジン)社長らが故意に破損させたことを確認したという。
このため業務妨害などの容疑で韓国検察に捜査を依頼したのである。


一方、LG側は、この訴えを全面的に否定している。
趙社長らが現地の家電量販店を訪れたことは認めたものの、サムスンの洗濯機に触れたのは「他社製品の使用環境をテストしただけだ」と説明し、破損させてなどいないと主張しているというのだ。

さらにLG側では、サムソンの提訴を名誉毀損であると告発する事態に。

一応は世界に名の知られた電機メーカー同士の争い。
その社長が見本市会場で他社の洗濯機をわざと壊したなどという事実が明らかになれば、それだけでも世界的なニュースなのだが・・・・果たして真実は?


読売新聞2014年12月26日
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141226-OYT1T50087.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/02 17:54 ] 事件 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。