食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 和食に合うソース開発  浜松市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和食に合うソース開発  浜松市

浜松市

■ 和食に合うソース開発  浜松市


静岡県浜松市の鳥居食品が、「ザ・ソース2014」を発売した。

これは同社が開発した究極のソースの第4弾。

高糖度で知られる県内産アメーラトマトをベースに、昆布やかつおだしを加えるなど「和食に合うソース」を1年がかりで完成させたモノだという。


トマトは苦みの元とされる種部分を手作業で取り除き、1瓶(200ミリリットル)当たり400グラムを使用。
煮詰めたトマト、リンゴ、玉ネギなどに焼津産かつお節の濃縮だしや、塩麹(こうじ)に漬け込んだ後にシナモンでいぶした若鶏の薫製だし、純米酒などを加えた。

まろやかな酸味と濃厚な味わいが特徴で、水炊きなど鍋料理のつけだれや和風リゾットに適しているという。

和食文化が世界無形文化遺産に登録されたのを受けて開発テーマを設定。
砂糖未使用や地元食材の活用を基本とするなどして完成させた逸品。

価格は税込み2500円。
200本限定発売だという。

静岡新聞2014年12月3日
http://www.at-s.com/news/detail/1174146904.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/18 00:42 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。