食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 市況 > ”年越したらそば” 値上がりか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

”年越したらそば” 値上がりか


■ ”年越したらそば” 値上がりか


2014年も押し詰まってきたこの頃、そろそろ年越しそばの準備をしている方も多いだろう。
しかし、国内外のソバの不作で、2014年産のそば粉の価格が上がっていることから、年越しそばは何とかなっても、”年越したらそば”は値上がりが必至だという。

国内消費の7割を占めるのが中国産。
この中国産は不作に加え、価格が高いアワやキビなどへの転作が進み、生産量が大きく減り、現地価格が高騰。
さらに円安が追い打ちとなり、価格が上がっている。
中国産の玄ソバ(ソバの実)の輸入価格は、2014年夏までは1トン当たり6万円台で推移していたが、10月には約9万2500円に上がった。

また国内の主産地である北海道では、2014夏場の長雨などで作柄が悪かったことから値上がり傾向になっているという。

そば製粉最大手の日穀製粉は、「最盛期」が過ぎた2015年明けから、3割程度値上げする方針。
他の製粉会社でも値上げを検討する動きがあるという。







2014年12月27日読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141227-OYT1T50049.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2014/12/27 18:10 ] 市況 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。