食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 話題 > 「希少糖」 米国に売り込め  伊丹市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「希少糖」 米国に売り込め  伊丹市

兵庫県伊丹市


■ 「希少糖」 米国に売り込め  伊丹市


甘みがあるのにカロリーはほぼゼロで、肥満予防などに効果があるとされる「希少糖」。
この米国での販売に、伊丹市の食品メーカー「松谷化学工業」が取り組むことになったという。


希少糖は自然界にわずかしか存在しない糖で、50種類以上ある。
米国で松谷化学が販売しようとしているのは、独自に開発した酵素でつくる「プシコース」と呼ばれる希少糖。


プシコースは、香川大の何森健特任教授が製法を発見。
研究が進み大量生産のめどがついたという。

2014年には、米食品医薬品局(FDA)から食品としての安全性が認められ、早ければ2015年後半にも大手飲料メーカーなどに売り込んでいく方針だという。

シプコースは砂糖の7割ほどの甘さで、食後の血糖値上昇や内臓脂肪の蓄積を抑える働きがあるとされる。
国内では、特定保健用食品(トクホ)を申請し、許可を待っている段階だ。

これまで松谷化学は、トクホではないが「プシコース」など希少糖を約15%含むシロップを製造。
商品の売れ行きは好調で、缶コーヒー、菓子といった商品開発でも採用されるなど活用の幅が広がっている。

松谷化学の小柴取締役は「肥満が問題になっている米国では大きな需要があると思う。米企業の関心も高い。今はカロリーゼロに注目しているようだが、今後は健康面の効果もアピールしていきたい」と話している。







松谷化学
http://www.matsutani.co.jp/image/rare_sugar20140701.pdf
2014年12月12日神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201412/0007577480.shtml
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/07 00:40 ] 話題 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。