食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 青森のリンゴ輸出 5年ぶり2万トン突破

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青森のリンゴ輸出 5年ぶり2万トン突破

青森県

■ 青森のリンゴ輸出 5年ぶり2万トン突破


2014年産の国産リンゴの輸出量が、2014年9月から2015年1月までの累計で2万4848トンに上り、2009年産以来5年ぶりに2万トン台に達したことが、財務省が26日発表した1月の貿易統計で明らかになった。

国産リンゴ輸出量の9割が青森県産だが、年間輸出量2万トン台は、東日本大震災の原発事故前の水準。
2014年産は品質の良さから販売単価も高値で推移しており、累計の輸出金額は89億7300万円と、統計が残る2003年産以降、早くも過去最高を更新した。


2015年1月の輸出量は8925トンで、前年同月の2.3倍。
主力の台湾向けは7674トンで、同じく2.3倍だった。

2014年産リンゴは品質や食味が良く評価が高いことに加え、円安で輸出環境にも恵まれた。
台湾での最大の需要期である春節(旧正月)が2015年は2月19日と例年より遅かったため、1月の輸出量も好調だったという。

リンゴの輸出は、2010年産以降、原発事故の風評被害や円高、記録的不作などが重なって2万トンを割り込む状態が続いていた。
5年ぶりに2万トン台に回復したことについて、青森県国際経済課の小山課長は「高品質、円安に加え、関係団体と連携しての現地でのキャンペーンなどが功を奏した」と話す。

年間輸出量が過去最多だったのは、2007年産の2万5497トン。
年間輸出金額も同年産の78億9500万円が最高だったが、2014年産は既に10億円以上上回っている。

2014年産の輸出は今年8月まで続く。
例年2~8月で3千~4千トン前後が輸出されるため、小山課長は、過去最多の更新だけでなく年間3万トン輸出達成を目指したいとしている。






北海道新聞2015年2月27日
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/aomori/595008.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/26 06:08 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。