食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > ネット操作できるシカ捕獲囲いわな  遠軽町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネット操作できるシカ捕獲囲いわな  遠軽町

北海道遠軽町

■ ネット操作できるシカ捕獲囲いわな  遠軽町


北海道遠軽町は、エゾシカ対策で町有林に囲いわなを設置している。
このわなの特徴はインターネットで遠隔操作することができることだ。
ネット経由でわなの内部を監視し、ゲートを閉じることが可能になり、捕獲数増を狙う。


遠軽町丸瀬布では庭木や町有林のトドマツなどでシカの食害が増え、対策の必要性が高まっていた。
2015年1月中旬に外周50メートル、高さ3メートルの囲いわなを設置した。
わなの内部にトウモロコシなどのえさを置き、シカをおびき寄せる。

以前は、わなから100メートルほど離れた小屋で、町職員がわなに設置したカメラを通じて内部を確認し、シカが中にいれば、遠隔操作で入り口を閉めていた。

2015年2月5日には、町役場で映像を確認、入り口の閉鎖までインターネット経由で遠隔操作を可能にする機器を設置した。
これまでは、わなから100メートルほど離れた小屋まで人が行くだけで、シカに逃げられる懸念があったが、インターネットの活用により、こうした課題は解決できるという。

今季もすでに2015年1月29日に従来の囲いわなで2頭を捕まえた。
捕獲したシカは、食肉加工を手がける知床エゾシカファーム(斜里)に無償で引き渡すという。








北海道新聞2015年2月6日
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/590788.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/06 14:16 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。