食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > イベント > 「第11回九州駅弁グランプリ」 長崎・佐賀地区代表決定

「第11回九州駅弁グランプリ」 長崎・佐賀地区代表決定

長崎県・佐賀県


■ 「第11回九州駅弁グランプリ」 長崎・佐賀地区代表決定



2015年2月6日、長崎市で、駅弁の九州一を決める「第11回九州駅弁グランプリ」の長崎・佐賀地区予選が開催された。

その結果、地区代表には「坂本屋角煮めし」(長崎駅)、「佐賀牛極上カルビ焼肉弁当」(武雄温泉駅)、「有田焼カレー」(有田駅)の三つが選ばれた。


今回は長崎3、佐賀7の計10種類の弁当がエントリー。
JR九州や飲食業など関係者が味やパッケージなどの見た目を審査。
2014年10月から1月11日までに駅弁を購入した1万155人のはがきによる投票の結果を加え、代表を選出した。



「佐賀牛極上カルビ焼肉弁当」は、第10回優勝で今回も本命の一角。
佐賀牛A5等級の中でも希少部位のカルビと焼肉が入った2種類のお肉を贅沢に使った駅弁である。

「有田焼カレー」は、第7回優勝の駅弁。
身体に優しい28種のスパイスや佐賀牛をしっかり煮込んだカレールーに、こだわりのチーズを乗せて焼き上げた本格派焼カレー。



長崎県の「坂本屋角煮めし」は、豚の皮付き三枚肉を約10時間煮込んで作った角煮を、炊き込みご飯の上に盛り付けたシンプルな弁当。
優勝こそ無いものの、2013年、2014年と2年連続で全九州・第5位となっている。
坂本屋の岩重副支配人は「長崎伝統の味をアピールし、昨年を上回りたい」と話したという。


ちなみに決勝大会は、2015年3月6日、JR九州本社(福岡市)で開かれる。







九州駅弁グランプリ
http://www.jrkyushu.co.jp/ekiben/
長崎新聞2015年2月7日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150207-00010000-nagasaki-l42
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/06 16:09 ] イベント | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon