食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 開店 > 「変なホテル」開業へ ハウステンボス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「変なホテル」開業へ ハウステンボス

長崎県佐世保市

■ 「変なホテル」開業へ ハウステンボス


長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボス。
2015年7月17日に、敷地内で新型ホテルを開業する。

そのホテルの名前が「変なホテル」に決まったという。

ホテルは変人だけが宿泊でき、スタッフにも全国から選りすぐりの変態だけを集めた、というのはウソであるが、これまでのホテルとはかなり変わっているというのは事実らしい。


まず受付はヒューマノイドロボットが担当。
ホテル内の荷運びや掃除もロボットが行う。
撮影した画像で部外者と宿泊客を識別し、コンピューターが自動的に部屋の出入りを許可する「顔認証技術」を導入。
といった具合に、近未来体験が楽しめる宿泊施設になっているという。

このホテル、最先端技術をさらに導入し、今後も変化していく予定で、そんな意味から「変なホテル」と名付けたのだという。


宿泊料金も珍しいオークション方式を採用するという。
通常はシングル1室7千円、ツインは1室9千円。
ただ、年末年始などに予約希望者が部屋数を上回った場合、オークションを実施。
シングル1室で1万4千円を上限に入札してもらい、高い料金を提示した客が泊まれるようにするという。


ハウステンボス
http://www.h-n-h.jp/
産経新聞2015年2月3日
http://www.sankei.com/region/news/150203/rgn1502030015-n1.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/02 08:27 ] 開店 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。