食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 料理 > 最近注目の 「はっと汁」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近注目の 「はっと汁」


■ 最近注目の 「はっと汁」  


東北地方から栃木県周辺で食べられてきた郷土料理に「はっと汁」がある。

はっと汁とは、小麦粉を水で練って薄く延ばした「はっと」を、しょうゆ仕立ての汁でゆでる家庭料理。
”すいとん”とも呼ばれる。

なぜ”はっと汁”と呼ばれるかといえば、おいしさのあまり、農民が米よりも小麦作りに精を出すことを心配した領主が、食べることを「法度」にしたため「はっと」と呼ばれるようになった、とも言われているのだ。


この、はっと汁は、宮城県を中心に岩手県南部、茨城県、栃木県で盛んに食されていたという。
しかし、最近は食卓に上ることも減り、味を知らない人も増えているという。

そんなはっと汁を復活させようと、茂木町では、道の駅もてぎの感謝祭で2014年10月11~13日、伝統の味にアレンジを加えた「もてぎのはっと汁」が売り出された。

道の駅で作るオリジナルのはっと汁は、具に町内産のジャガイモ、ニンジン、ゴボウ、油揚げを使用。
みそ味にして独自性を出す。

道の駅もてぎでは「茂木といえば『はっと汁』というイメージを定着させたい」と話している。


また宮城県登米(とめ)市では街おこしとして、毎年「日本一はっとフェスティバル」が開催され、海鮮はっと、あずきはっと、カレーはっとなど、多彩なメニューがお目見えするという。

一度は食べてみたいはっと汁なのだ。

読売新聞2014年10月10日
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20141009-OYTNT50540.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2014/11/02 20:00 ] 料理 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。