食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 「姫棒寿司」開発へ 山梨県

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「姫棒寿司」開発へ 山梨県

山梨県


■ 「姫棒寿司」開発へ 山梨県


出荷時の重さが1キロ以上あり、赤身で程よく脂を含む大型のニジマス「甲斐サーモン」。
この特徴を生かした「姫棒(ひめぼう)寿司」の開発・販売事業が、2015年2月9日、農林水産省と経済産業省の「地域産業資源活用事業計画」に認定された。

開発・販売業者する富士川町の有限会社おかめ鮨は、甲斐サーモンのほか、ユズや紫黒米の地元産食材を使い、ユズ酢・砂糖締め、スモークなど仕込み段階で調理法をアレンジして、棒状のすしを開発する。

製品として冷蔵、冷凍、すしキットの3種を開発。
販売では一口サイズにカットする。

冷蔵すしは2015年7月までに完成させる。
事業認定によって開発、販売で補助金交付があり、必要に応じて金融機関から借り入れる場合には金利面で優遇される。


産経新聞2015年2月10日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000053-san-l19
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/10 01:05 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。