食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 話題 >  「富山の薬売り」 1000人を下回っていた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

 「富山の薬売り」 1000人を下回っていた

富山県


■ 「富山の薬売り」 1000人を下回っていた



江戸時代から続く伝統的なスタイル「富山の薬売り」が減少しているという。

富山から薬を携えて全国の家庭や企業を巡る「富山の薬売り」は、富山県に残る統計で最多の1961年には1万人以上いた。
しかし2004年に2000人を割り、2013年はついに1000人を切ったという。

得意先がある県外に拠点を移したり、後継者不足で商売を畳んだりする人が増えているためらしい。


県くすり政策課によると、県内に住所がある薬売り(配置従事者)は1961年に1万1685人いたが、89年に4096人、直近で集計した2013年は957人となった。

「売薬さん」とも呼ばれる富山の薬売りの起源は、江戸時代。
1690年、江戸城で腹痛を起こした大名が、富山の「反魂丹(はんごんたん)」を服用して治癒したことが評判を呼び、富山藩から全国に薬を届けるようになった。

薬売りは、全国をブロックごとに分けて各地を巡り、顧客のもとに薬箱を預けて、使用された薬の代金を集める「先用後利」という仕組みで発展した。
「かけ場帳」と呼ばれる顧客リストが、富山の薬売りの家で代々大切に受け継がれてきた。

しかし、県内から薬を携えて遠方に赴く伝統的なスタイルは、長期間自宅を留守にするなど本人や家族の負担が重いことから、近年は顧客が住む地域に移転する業者が相次いだ。
またドラッグストアの増加や市販薬のインターネット販売解禁も逆風となっている。


砺波市の配置販売業「林薬品商会」の3代目、林さんは、2007年に父の甚松さんから家業を継ぎ、滋賀県を中心に約1000軒の家庭や企業に、薬箱を置いている。
1年のうち3分の2は、妻と高校3年の娘を自宅に残し、滋賀県のアパートで暮らす。
1日10~15軒の顧客を車で回って置き薬を補充し、使用された薬の代金を集めている。

林さんは「1日に15軒も回るとさすがにくたくたになるが、お客さんの命に関わる仕事なのでやりがいがある」と話す。
ただ、林さんのように、県内で薬売りの家業を継ぐ人は少なくなっているのが実情だという。

富山の薬売りとして半世紀以上働いてきた中嶋信行・県薬業連合会副会長は「代々続いてきた人と人のつながりが、富山の薬売りの財産であり、この仕事のやりがいでもある。若い人たちにもそのことを理解してほしい」と話している。


読売新聞2015年2月13日
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150213-OYT1T50030.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/05 15:51 ] 話題 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。