食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > EU 「健康に悪い」からとカツオ節とフグを輸入禁止にしていた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EU 「健康に悪い」からとカツオ節とフグを輸入禁止にしていた

EU

■ EU 「健康に悪い」からとカツオ節とフグを輸入禁止にしていた



欧州連合(EU)が健康に悪影響があるとして、カツオ節とフグについて、輸入禁止にしていたことが明らかとなった。
その理由について、EUは、カツオ節については、いぶす際に基準値を超える発がん性物質の「ベンゾピレン」が発生すること。
フグについては毒性を含んでいることを上げている。

しかし世界的な和食ブームが起こり、2015年5月から10月までイタリア・ミラノで国際博覧会が開かれるが、日本側はここで和食の提供を要望。
開催するイタリア政府は、ミラノ博が「食」が中心テーマとなっていることもあり、特例で輸入を認めることになったという。

日本政府は和食のダシに欠かせないカツオ節などを博覧会で来場者にPR、食品規制の緩和につなげたい考えとか。

カツオ節やふぐが輸入禁止になっていたことは初めて知ったが、そんな例は、まだまだ多いのかもしれない。







2015年2月13日読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00050088-yom-bus_all
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/12 09:12 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。