食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 話題 > TPP 豚肉関税10年後50円を提案

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TPP 豚肉関税10年後50円を提案


■ TPP 豚肉関税10年後50円を提案 


政府が環太平洋連携協定(TPP)交渉の日米協議で、安い価格帯の豚肉が対象の1キロ最大482円の関税を50円に下げ、輸入が急増した場合は100円に戻す緊急輸入制限(セーフガード)の仕組みを提案していたことが分かった。

関税は段階的に引き下げ協定発効後10年目以降に50円にするという。

日米両政府は目標とする2015春の大筋合意に向け、2015年2月2日から米首都ワシントンで始まる事務レベル協議でも豚肉関税を議論するとみられる。
日本は牛肉でもセーフガードの仕組みを提案しており、難航している牛・豚肉の扱いが決着すれば、日米は合意に向けて大きく前進する。


東京新聞2015年2月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015020101001923.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/01 08:08 ] 話題 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。