食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 廃校舎でイチゴ栽培  胎内市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

廃校舎でイチゴ栽培  胎内市

新潟県胎内市

■ 廃校舎でイチゴ栽培  胎内市


新潟県胎内市の建設業者などが設立した「いちごカンパニー」が廃校舎を利用した植物工場で、1粒あたり500円(税抜き)と高価格帯のイチゴ栽培に乗り出した。

発光ダイオード(LED)の光の当て方や室内の温度調節などを工夫した栽培方法を確立。
無農薬で糖度が高く、通年栽培できるのがセールスポイントだという。

2014年12月からインターネット販売を始めたが、贈答用などに注文が相次いでいるという。


小野社長は建設会社「小野組」の社長でもある。
今後、増加が予想される空き店舗などの有効活用と建設会社の新たな可能性を探る中、農業に携わっている知人とイチゴ栽培に取り組むことを決意し、2013年5月、いちごカンパニーを設立した。

廃校になった同市の旧鼓岡小の校舎を借り、同9月に教務室だった約55平方メートルの部屋に約3000万円かけてLEDが取り付けられた栽培用の棚などを整備した。
太陽光を使わない「閉鎖型」植物工場で、LEDの光量や波長、温度などを調整し、県産ブランドイチゴ「越後姫」を栽培しており、1年に複数回の収穫が可能だ。

これまで試験栽培を繰り返して改良に取り組み、糖度が高く、赤い色の濃いイチゴを安定して栽培できるようになった。
県農業総合研究所によると、越後姫の糖度は平均で10~11度だが、同社によると、工場で作られたイチゴの糖度は平均11~13度という。

大粒で軟らかな果肉が特徴の越後姫は衝撃に弱いため、一粒ずつパッケージに包んで2014年12月から販売しているが、次々に注文が舞い込み、3か月待ちの状態という。

小野組
http://www.ono-gumi.co.jp/?page_id=22
読売新聞2015年1月24日
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150124-OYT1T50013.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/29 05:23 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。