食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 話題 > 「北斗星」「カシオペア」の存続要請へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「北斗星」「カシオペア」の存続要請へ


■ 「北斗星」「カシオペア」の存続要請へ


北海道、青森県、岩手県の3道県が、JR北海道に対して、寝台特急「北斗星」「カシオペア」の存続を要請した。

各道県代表は、2015年1月13日、札幌市内のJR北海道本社を訪れ、2016年3月の北海道新幹線開業後も、東京・上野と札幌を結ぶ「北斗星」「カシオペア」の両寝台特急の運行を続けるよう要請したものだ。


JR北海道は「北斗星」を、2015年8月に廃止することを決める一方、「カシオペア」の存廃についてはまだ結論を出していない。


3道県は、寝台特急がなくなると、新幹線の並行在来線を運営する第三セクターに入る通行収入が見込めず経営が悪化するとして、寝台特急の存続を求めたもの。
全廃となれば、青森、岩手両県の三セクはいずれも収入の2割が失われるという。



北海道新聞2015年1月13日
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/585618.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/13 04:30 ] 話題 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。