食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 事件 > サンゴ密漁の中国船長  起訴事実認める

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンゴ密漁の中国船長  起訴事実認める


■ サンゴ密漁の中国船長  起訴事実認める


2014年12月16日、「宝石サンゴ」を密漁していた罪で、外国人漁業規制法違反(領海内操業)に問われた中国人船長許益忠被告の初公判が、横浜地裁で行われ、許被告は起訴事実を認めた。

起訴状によると、許被告は10月5日午後3時35分頃、小笠原諸島の父島南約10キロの領海内で、サンゴ漁具などを使用し、漁業を行ったという。

検察側は冒頭陳述で、許被告は以前、尖閣諸島周辺でサンゴ漁を行い、2014年9月に中国で「社長」を名乗る人物から「給料を2倍にするから日本の父島でサンゴ漁をするように」と言われ、報酬欲しさに引き受けたと説明した。

被告らは約20キロのおもりを取り付けたサンゴ網を海底に垂らし、おもりがぶつかって剥がれたサンゴをとる漁法を多数回行ったが、海上保安庁のヘリが近づいたため、サンゴを入れた箱を海中に投棄したという。

被告の言う「社長」とはだれか?
世界遺産を破壊した罪で国際指名手配するべきだ。
日本の環境保護団体は、ほとんど何も言わないが・・・あ、ホームページに何か書いたんでしたっけ。

読売新聞2014年12月16日
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141216-OYT1T50093.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2014/12/15 18:47 ] 事件 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。