食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 2017年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さぶんの別府で「ざぼんサイダー」発売   別府市

 

別府限定販売「別府ざぼんサイダー」

 

大分県別府市といえば、温泉が有名。

そんな別府市が2017年6月1日、「ざぶん」と温泉に入った後に「ざぼん」を飲んでもらおうと、ざぼんサイダーを限定発売したのである。

 

原料となるザボンは、別府市の市営ザボン園で生産されたもの。

 

市営ザボン園は、別府の代表的な土産品であった「ザボン漬」の原料確保や農家への果樹園芸振興のために昭和37年4月に開園したという。

年間の収穫量(収穫時期は12月~2月頃)は、約10,000玉。

年末のお風呂用ザボンとして約4,500玉を市営温泉や市内の旅館・ホテル、町営区営温泉に販売し、約5,500玉を別府青果やJAに出荷している。

しかしそれだけではもったいないと、この「ざぼんサイダー」が開発されたのである。

サイダーはザボンの果汁を使用し、さわやかな香りと,甘酸っぱさが特徴。

 

レトロな小瓶に入った飲みきりサイズで、1本170円(税込)。

どこか懐かしいサイダーは、ざぶんと入った別府温泉の湯上がりにピッタリだという。

 

 

別府ざぼんサイダー(炭酸飲料)

製品名:別府ざぼんサイダー

価格 :1本 170円
内容量 :95ml
ざぼん果汁:1%
賞味期限 :製造から1年
企画 :別府市経済産業部農林水産課

 

別府市

https://www.city.beppu.oita.jp/sangyou/nourinsuisan/zaboncider.html

スポンサードリンク
スポンサーサイト
[ 2017/06/30 05:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。