食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 学術

安い・早い・安全 H3

 

■ 安い・早い・安全 H3

 

「安い・早い・うまい」は、吉野家の牛丼だが、これに対抗してJAXAも「安い・早い・安全」をウリにしたロケットを開発したらしい。

それがH3ロケットだ。

現在主力の「H2A」「H2B」の第2段エンジンを大型化したエンジンを開発し、第1段エンジンに採用。現行の第1段エンジンよりシステムを簡素化し、打ち上げ費用の削減と、安全性の向上を図っているという。

 

名前は、日本の大型液体ロケットH-IIA/H-IIBを継承するものであるため、“H”を使用。

一方で、機体構成は根本から見直していることから、「II」から「3」にバージョンアップさせ、「H3」と名付けられた。

 

H3の総開発費は約1900億円。

1回の打ち上げ費用はH2Aの半額となる約50億円を目標とし、打ち上げにかかる作業日数も半減させ、年6回の打ち上げを可能にするという。

 

吉野家の牛丼のように、H3も国際的な人気となって欲しいものだ。

 

JAXA

http://www.jaxa.jp/press/2015/07/20150702_h3_j.html

読売新聞2015年7月8日

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150708-OYT1T50190.html?from=yartcl_outbrain1

スポンサードリンク
[ 2015/07/09 06:49 ] 学術 | TB(0) | CM(-)

ホッキョクグマ 消滅の危機

北極

■ ホッキョクグマ 消滅の危機

 

2015年7月1日、米国の科学者グループは、世界の温暖化ガス排出量が現在のペースのままなら、北極海地域に生息する希少動物のホッキョクグマが消滅に向かうとの見通しを示した。

 

調査報告をまとめた米地質調査所(USGS)の生物学者トッド・アトウッド氏は「最も重要な原因は、海氷の大幅な減少と、餌となる海中生物が入手しにくくなると予想されることだ」としている。

 

米魚類野生生物局によると、世界に2万~2万5000頭いるとされるホッキョクグマは、流氷を生活の基盤としている。

ここでワモンアザラシなどの獲物を捕らえたり、貴重なエネルギーを費やさずに長距離を移動しているという。

米国では2008年から絶滅危惧種保護法の対象に指定されている。

 

ロイター2015年7月2日

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0PC09V20150702

スポンサードリンク
[ 2015/07/02 08:10 ] 学術 | TB(0) | CM(-)

カメの祖先は甲羅がなかった   ドイツ

ドイツ

■ カメの祖先は甲羅がなかった ドイツ

 

ドイツ南部の約2億4000万年前の地層で、まだ甲羅のないカメの祖先の化石を見つけたと、独米の研究チームが発表した。

研究成果は、2015年6月25日付の英科学誌ネイチャーに掲載されたという。

 

チームによると、見つかったのは頭や肩、胸などの骨で、体長は推定約20センチ。

ギリシャ語で「カメのおじいさん」を意味する「パッポケリス」と名づけられた。

甲羅はないものの、甲羅に進化しつつある肋骨(ろっこつ)はあるという。

 

チームは「これまでに見つかっている最古のカメの仲間と、より原始的なカメの祖先の間をつなぐ化石だ」としている。

 

カメの祖先をめぐっては、理化学研究所などのチームが2013年、カメのゲノム(全遺伝情報)を解読し、約2億5000万年前に他の爬虫(はちゅう)類から分かれ、独自の進化を始めたと発表している。

 

甲羅のないカメは、ヤモリのような形をしているのだろうか?

 

読売新聞2015年6月25日

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150625-OYT1T50004.html

スポンサードリンク
[ 2015/06/26 02:00 ] 学術 | TB(0) | CM(-)

1日5杯のエスプレッソ   健康リスクなし

EU

■ 1日5杯のエスプレッソ 健康リスクなし

 

 

2015年5月27日、欧州食品安全機関(EFSA)は、一般の成人が1日にエスプレッソ5杯分(400ミリグラム)のカフェインを摂取しても健康へのリスクはないとする調査結果を発表した。

この調査は、カフェインが心臓や中枢神経系、胎児に及ぼす影響について一部の国が懸念を示したことを受けて実施された。

 

1杯のエスプレッソに含まれるカフェインは約80ミリグラムで、一般的なエナジードリンク1缶とほぼ同じ。

欧州で18~65歳の成人が摂取するカフェイン量は1日平均37~319ミリグラムだという。

EFSAは、妊娠していない成人は一日400ミリグラムを摂取しても「健康被害への懸念が高まることはない」と説明。

しかし妊娠中の女性は胎児への影響を考慮して上限を200ミリグラムにすべきとしている。

 

2015年5月29日ロイター

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0OE09X20150529

スポンサードリンク
[ 2015/05/30 04:00 ] 学術 | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon