食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「風さやか」本格出荷へ    長野県

長野県

 

■ 「風さやか」本格出荷へ 長野県

 

2015年9月8日、長野県は「風さやか」の本格出荷が始まったことを明らかにした。

「風さやか」とは、長野県が生んだ新しいお米のことだ。

 

 

風さやかポスター

 

その名前は、信州のすがすがしい空気のもとで育てられたことをイメージして名付けられたという。

味は、上品で優雅なうまみと、ほのかな甘みが感じられ、食味のバランスもよく、様々な料理にマッチする。

冷めてももっちりとした食感でおいしく、おにぎりやお弁当などにも適しているとか。

 

「風さやか」は、2000年長野県農事試験場(現、農業試験場)において人工交配により誕生。

2011年に品種登録をしたという。

 

風さやか育成系統図

 

 

食味官能検査結果まとめ

 

長野県

http://www.pref.nagano.lg.jp/nogi/sangyo/nogyo/kazesayaka/index.html

スポンサードリンク
スポンサーサイト
[ 2015/09/09 08:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

谷津干潟自然観察センターでチキンカレーフェア 習志野市

千葉県習志野市

 

■ 谷津干潟自然観察センターでチキンカレーフェア 習志野市

 

千葉県習志野市にある谷津干潟自然観察センターの「cafe oasis(カフェオアシス)」でチキンカレーフェアが始まった。

 

谷津干潟は東京湾の最奥部に残された約40haの干潟で、多くの水鳥が飛来することで知られている。

そんな鳥たちを眺めながら、2種類のチキンカレーが楽しめるというのだから,おつな催しだ。

cafe oasisがオススメしている、「バターチキンカレー」は、バター、カシューナッツ、トマトのおいしさを活かし、
まろやかな甘さとトマトのすっきりした味わいにスパイスの香りが調和した中辛カレー


 


もう一つのお薦めが、1日30食限定という「インド風チキンカレー」。

こちらは粗挽きの鶏挽肉にクローブやクミン、青唐辛子などのスパイスを用いた、 スパイシーでさわやかな辛さに仕上げた中辛カレーだという。


 

 

谷津干潟自然観察センター(谷津干潟公園センターゾーン)

〒275-0025

千葉県習志野市秋津5-1-1

 

http://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/news/20150904184058.html

スポンサードリンク
[ 2015/09/07 06:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

三菱商事     インドで農薬販売に参入

インド

 

■ 三菱商事 インドで農薬販売に参入

 

2015年8月27日、三菱商事は、インドで農薬販売事業へ参入すると発表した。

 

三菱商事はインド最大手の肥料製造・販売会社であるIndian Farmers Fertiliser Cooperative Limited(IFFCO社)と合弁会社を設立。

2015年10月より除草剤・殺虫剤・殺菌剤を中心とした農薬の販売を行うとしている。

 

新会社の名称はIFFCO-MC Crop Science Private Limited(IFFCO-MC社)。

出資比率はIFFCO社51%、三菱商事49%。

 

2014年のインド農薬市場規模は約2,500億円。

世界農薬市場の約5%を占めている。

同国の食生活向上や人口増加等の環境を背景に、今後も堅調な需要拡大が予想され、2017年度には約3,500億円の市場規模が見込まれている。

ここに農家が必要とする高品質な農薬を提供することになるとしている

 

 

三菱商事

 

http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2015/html/0000028413.html

スポンサードリンク
[ 2015/08/31 08:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

『流しアジ』人気   小諸市

長野県小諸市

■ 『流しアジ』人気 小諸市

2015年夏一番の話題といえば、長野県小諸市懐古園で開催されている「流しアジ」だろう。

「流しそうめん」は日本の夏の風物詩だが、ここ小諸市では、そうめんではなく、魚のアジが流れてくる「流しアジ」が風物詩となっているのである。

 

流しアジは、人が食べるのではない。

これは懐古園内の動物園で飼われているペンギンたちの食事である。

 

半分に割った筒を生きの良いアジが流れてくると、ペンギンたちは我先にと飲み込んでいく。

その姿を見ようと、連日多くの方がこの『流しアジ』を見にくるという。

 

ちなみに『流しアジ』の後はペンギンとの記念撮影会も行っているという。

 

 

 

流しアジ

 

流しアジ

 

 

 

 

小諸市懐古園

http://www.city.komoro.lg.jp/attention/2015081900239/

スポンサードリンク
[ 2015/08/30 08:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。