食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 未分類

釧路沖 調査捕鯨始まる 北海道

釧路沖 調査捕鯨始まる 北海道

 

2017年9月1日、北海道釧路沖で調査捕鯨が始まった。

太平洋沿岸のミンククジラの生態を調べるために毎年実施されているものだ。

2017年からは調査捕鯨の計画が新しくなり、釧路沖では、捕獲頭数の上限が77頭(前年上限51頭)となっているとういう。

 

この調査捕鯨により、9月4日には1頭目が捕獲。
体長約8メートル、体重約6トンのメスの個体で、胃の内容物はほとんどがマイワシだったという。

 

釧路沖での調査捕鯨は、2017年10月末まで実施されるが、期間中に捕獲されたミンククジラからとれる赤肉などの副産物は、これから市内の市場やスーパーなどで生肉の状態で買うことができる。


また、9月10日に釧路市で開催される「釧路Oh!!さかなまつり」、9月21~23日の間、市内の飲食店が31店が参加する「くじら祭り&くしろの鯨 味めぐり」で味わうことができる。

 

 


http://www.suisan-kushiro.jp/kujira/03event.html


http://www.suisan-kushiro.jp/kujira/pg26.html

スポンサードリンク
[ 2017/09/07 00:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

東京で「おかやま甘酒フェア」開催 ウワサの「岡山県産清水白桃甘酒」も登場

東京で「おかやま甘酒フェア」開催 ウワサの「岡山県産清水白桃甘酒」も登場


2017年9月13日から30日まで、東京港区新橋にある「とっとり・おかやま新橋館」で、「おかやま甘酒フェア」が開催されることになった。

甘酒といえば、そのやさしい味わいで女性に人気上昇中。


岡山県では、この甘酒の新商品をアンテナショップに並べ、売れる商品作りの後押しをしていこうというのだ。

特に今回注目の商品が、「岡山県産清水白桃甘酒」だ。

清水白桃といえば、強い香りと上品でまろやかな甘み、とろけるような果肉で知られ、完熟のものを食べた人は「衝撃」を受けるとも言われている。
しかし商品そのものが非常にデリケートなため完熟状態の清水白桃は、滅多に市場に出てこないという。

 

そんな清水白桃をたっぷり使った甘酒が開発され登場している。

このほかにも岡山伝統の甘酒、紅糀を使った甘酒、容器、素材に工夫を加えた商品などの試験販売が行われるという。

 


■「おかや甘酒フェア」概要
時期:平成29年9月13日(水曜日)~30日(土曜日)
場所:「とっとり・おかやま新橋館」
1階正面入口付近特設コーナー
(東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス)

 

 

http://www.pref.okayama.jp/page/528851.html

スポンサードリンク
[ 2017/09/02 08:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

カピバラはおいしい?「カピバーガー」発売 静岡県伊東市

カピバラはおいしい?「カピバーガー」発売 伊東市

 

 

カピバラといえば、飄々とした表情でお風呂に入る姿が人気の動物だ。

それがバーガーになったというのだから驚きだ。

発売したのは、カピバラの飼育でも有名な伊豆シャボテン動物公園。


果たして、飼っているカピバラを原料にしたのか?
と思いきや、パンにカピバラの顔が描かれているハンバーガーであり、原料に使われているわけではないと知り、ちょっと安心だ。

 

同園にあるレストラン・ギボン亭が、2017年夏の初メニューとして発売した「カピバーガー」は、サラダにフライドポテトがついて1200円。

 

ボリューム満点で、男性でも満腹になるという。


ちなみに同レストランでは、ライスがサボテン形になっているサボテングリーンカレーや、アヒルのオムハヤシなどのメニューもあるとか。


いちど味わってみたいものである。

 

 


http://izushaboten.com/news/1705/

スポンサードリンク
[ 2017/08/27 08:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

「茶カフェat駿河湾沼津SA」期間限定OPEN 島田市

「茶カフェat駿河湾沼津SA」期間限定OPEN 島田市

 

 

 

 


2017年8月18日、新東名高速道路駿河湾沼津SA(下り)の商業施設内に「茶カフェat駿河湾沼津SA」がOPENした。

このカフェは、島田市のほか中日本エクシス、トコナツ歩兵団、島田市内の茶業者が連携して出展したもの。

地元島田市による緑茶化計画の一環として開発されたコンセプトティーが販売されるという。

 

コンセプトティーとは、市と市内業者、JAなどが普段お茶を飲まない人にもお茶に親しんでもらおうと開発したブランド茶のことで、茶葉の「蒸し」と「火香」の違いで次の4種類があるという。


Green Ci-Tea浅蒸し×火香弱/茶葉本来の味と香り じっくりと時間も味わうリラックスタイムに

Green Ci-Tea浅蒸し×火香強/味わい深く香ばしい香り スイーツとの相性が抜群ティータイムに

Green Ci-Tea深蒸し×火香弱/爽やかな清涼感 すっきりと飲みやすい食事のおともに

Green Ci-Tea深蒸し×火香強/目の覚めるような深いコク 仕事中や勉強中気分を変えたい時に

 


茶カフェではそれぞれのお茶の水出し茶が楽しめるほか、「トイカプセルガ茶々」や「島田の逸品の和菓子」なども販売されるという。

この「茶カフェ」は島田市のコンセプトティーのテストマーケティングの一環として位置づけられているため、9月3日までの期間限定OPEN。

 

 


■概要
期間:平成29年8月18日(金曜日)~9月3日(日曜日)
午前10時~午後5時(17日間)
場所:新東名高速道路駿河湾沼津SA(下り)の商業施設内
   

 

●販売
コンセプトティー水出し茶のカップドリンクの販売(1杯380円税込み予定)、コンセプトティー及び島田の逸品(和菓子)等の販売、トイカプセル「ガ茶々」の設置販売など

 


https://www.city.shimada.shizuoka.jp/kouhou/h29wadai/wadai_170818.html

スポンサードリンク
[ 2017/08/18 01:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon